弁護士に相談する

災害復興の相談

広島弁護士会では、豪雨災害などの災害により生じた被害に関する相談や、復興に関する相談に対応しております。

無料相談(電話・面談)

2014年8月豪雨災害や2018年7月の西日本豪雨災害の被災者支援のため、無料相談(電話・面談)を継続していますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

電話相談をご希望の方

電話相談をご希望の方は、広島弁護士会紙屋町法律相談センター(082-225-1600)にご連絡いただき、「豪雨災害の相談希望です。」とお伝えください。
折り返し、担当する弁護士より、ご希望の連絡先に電話を致します。
(電話受付時間:毎日9:30~16:00)

面談相談をご希望の方

面談相談をご希望の方は、広島弁護士会が運営している各法律相談センター(紙屋町・福山・呉・ひがし広島・北部巡回)で相談を実施しておりますので、ひまわりお悩み110番(0570-783-110広島県内から)、または各法律相談センターにご連絡いただき、相談のお申込みをお願いします。

話し合いサポート制度(災害ADR)

話し合いサポート制度(災害ADR)は、弁護士が中立の立場で間に入り、当事者双方のご意見をよく聞いて、話し合いでの円満な解決をめざすものです。広島市、福山市、呉市、東広島市、尾道市、三原市、三次市などといった被災地に近い場所で話し合いの場を持つことでき、裁判よりも早期に柔軟な解決が可能です。実際に、豪雨災害で所有地から土砂が流出した事案などで、話し合いでの解決が実現しています。

お問い合わせ・お申込み

申立手数料は無料(成立手数料も通常の半額)で、申立書面の作成も弁護士がサポートします。
お問い合わせ・お申込みは、広島弁護士会仲裁センター(082-225-1600)にご連絡ください。