広島弁護士会
弁護士に相談する
弁護士を探す
イベント・相談会・講演会のご案内
弁護士のコラム
講師のご依頼をしたい方
逮捕されてしまったら
広島弁護士会とは
広島弁護士会の意見
広島県内の公設事務所
韓国・大邱弁護士会との友好協定
司法修習生の方へ

法テラス広島

裁判員制度

イベント・相談会・講演会のご案内

市民法律講座

広島弁護士会では、市民の方に弁護士を身近に感じていただくとともに、法律をご理解いただくために、毎年春と秋に各5回の連続講座「市民法律講座」を開講しております。今春も、5月10日から5回の講座を開講することを予定しております。また、各回の市民法律講座開講後、各回のテーマに沿った法律相談を無料にて実施いたします(要予約)。なお、市民法律講座は計5回の連続講座となっておりますが、関心をお持ちいただいた講座のみの受講も可能です。申し込みの締め切りは、各講座の開催日の1週間前の金曜日までです。ファックス、往復はがき又はメールでお申し込みを受け付けております。奮ってご参加いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。                              第1回  5月10日(木)  午後6時~午後7時30分
取締役の責任~取締役の違法行為にどう対処するか~

第2回  5月17日(木)  午後6時~午後7時30分
労働契約法~雇止めと無期転換ルール~

第3回  5月24日(木)  午後6時~午後7時30分
民事裁判の基礎知識~仕組みと原則~

第4回  5月31日(木)  午後6時~午後7時30分
パワハラとセクハラの法律問題

第5回  6月 7日(木)  午後6時~午後7時30分
掲示板・SNSの法律問題~いじめや名誉棄損など~

場所
広島弁護士会館2階大会議室

後援 広島県・広島市
 市民法律講座のご案内.pdf

(弁護士会・裁判所・検察庁・法テラス・法務局共催) 「法の現場」見学ツアーのお知らせ

 5月3日の「憲法記念日」にちなみ、裁判所などをめぐる見学ツアーを開催します。
見て聞いて、「法の現場」を身近に感じてみませんか?
 半日で3つの「法の現場」を見学することができる2つのツアーを実施します。

※ツアーに参加される際は、公共交通機関をご利用ください。
Aコース
平成30年5月10日(木)
9:00~12:30
広島家庭裁判所→法テラス広島→広島地方検察庁
※広島家庭裁判所で少年審判廷や、広島地方検察庁で取調室(いずれも空き部屋)などが見学できるコースです。
Bコース
平成30年5月14日(月)
13:30~17:00
広島地方裁判所→広島法務局→弁護士会紙屋町法律相談センター
※広島地方裁判所で法廷(空き部屋)が見学できるコースです。
募集人数 各コースとも20名(先着順)
※団体での申し込みは5人まで。
申込受付期間 平成30年4月9日(月)から
 Aコース 5月9日(水)まで
 Bコース 5月11日(金)まで
申込・お問い合わせ先 広島高等裁判所 総務課広報係へお電話で申込ください。
TEL 082-221-2516(受付時間 平日 9:00~17:00)

 H30憲法週間法の現場見学ツアー.pdf

こどもの日記念シンポジウム2018

広島弁護士会では、平成30年4月29日(日)、デートDVをテーマに、こどもの日記念シンポジウム「それって本当に愛ですか」を開催します。

シンポジウム第1部は高校生と弁護士がつくる「劇団ピピオ」による笑いあり涙ありの演劇、『はばたけピピオ!パート9~ひなばとにラブソングを~』です。 
応援団部に所属する高校生の優歌。大学生の孝行と付き合い始めて幸せいっぱいだったはずが、次第に孝行の「愛情」に振り回されるようになってしまいます。
優歌、孝行と2人を取り巻く人々との関係を通じて、人間関係のあり方について考えていきます。

第2部は高校生との意見交換会『愛について本気出して考えてみた』です。広島大学ハラスメント相談室准教授の北仲千里先生をお招きし、身近に起こりうるデートDVに対して、10代の高校生は何を思い、何を感じているのかを飾らない生の言葉で語り尽くします。

シンポジウムを通じ、本当の愛とは何か、対等の関係とは何かを改めて考えてみませんか。
これまでも劇団ピピオに参加してくれていた舟入高校、沼田高校、基町高校の演劇部のみなさんに加え、今年は市立広島商業高校の演劇部のみなさんも参加してくれ、演劇もパワーアップしています!
こどもの日記念シンポジウム2018「それって本当に愛ですか」は、平成30年4月29日(日)午後1時30分から広島市青少年センターにて開催します。
是非お気軽にご参加ください!

日時
平成30年4月29日(日) 午後1時開場
(午後1時30分開演)
場所
広島市青少年センター
主催
広島弁護士会
入場料
無料
予約
不要(自由席)
共催
日本弁護士会連合会
中国地方弁護士会連合会
広島県
広島県教育委員会
広島市
広島市教育委員会
マツダ財団
NPO法人ピピオ子どもセンター

 こどもの日記念シンポジウム2018.pdf

(弁護士会・裁判所・検察庁共催) 無料法律相談室のお知らせ

 広島県内5地区で、交通事故・財産・登記・相続・家庭の問題等について、弁護士が無料で相談に応じます。
 法律問題にお悩みの方は、ぜひこの機会をご利用ください。

※ 事前の申込は不要です。
※ 裁判で係争中の案件については相談することができません。
※ 各会場とも、無料法律相談のための駐車場は準備していませんので、会場にお越しの際は公共交通機関をご利用ください。
【広島地区】
平成30年4月26日(木)
受付 9:30~15:00
(開始10:00~)
広島弁護士会館(広島市中区上八丁堀2-73)
お問い合わせ先:広島高等裁判所 総務課
(TEL 082-221-2516)
【呉地区】
平成30年5月8日(火)
受付12:30~15:30
(開始13:00~)
呉市文化ホール(呉市中央3-10-1)
お問い合わせ先:広島地方裁判所 呉支部
(TEL 0823-21-4991)
【尾道地区】
平成30年5月11日(金)
受付 13:00~15:30
(開始13:30~)
しまなみ交流館(尾道東御所町10-1)
お問い合わせ先:広島地方裁判所 尾道支部
(TEL 0848-22-5285)
【福山地区】
平成30年5月9日(水)
受付 12:30~15:00
(開始13:00~)
福山市市民参画センター(福山市本町1-35)
お問い合わせ先:広島地方裁判所 福山支部
(TEL 084-923-2890)
【三次地区】
平成30年5月10日(木)
受付13:00~15:30
(開始13:00~)
広島地方裁判所三次支部(三次市三次町1725-1)
お問い合わせ先:広島地方裁判所 三次支部
(TEL 0824-63-5141)

 H30憲法週間無料相談会.pdf

伊方原発広島高裁決定の意義とこれからの課題

平成29年12月13日、広島高等裁判所は伊方原発3号機について「火山の影響による危険性について、伊方原発が新規制基準に適合しているとした規制委員会の判断は不合理である」として平成30年9月30日までの運転停止を命ずる決定を出しました。
この裁判所の決定についての世論の反応は様々ですが、この決定の是非を考えていくためには「原発と火山」の関係を含む原子力行政を理解することが必要となります。
本シンポジウムでは,差止訴訟の申立人代理人2名をお招きして,広島高裁決定のポイントを講演して頂くとともに,今後の原子力行政のあり方についても議論をしていきます。
日時 平成30年4月21日(土)13時~16時
場所 広島弁護士会館 3階大ホール
第1部 基調講演 「伊方原発広島高裁決定と弁護団から見た意義」
講師
海渡雄一弁護士(第二東京弁護士会所属) 
中野宏典弁護士(山梨県弁護士会所属)
第2部 パネルディスカッション 「伊方原発広島高裁決定の法的・政策的妥当性を考える」
パネリスト
基調講演者2名
入場無料
申込不要

 伊方原発広島高裁決定の意義とこれからの課題.jpg

憲法講座「憲法ってなんだろう?第8弾」のご案内

2015年9月19日に成立した安保関連法については、日本弁護士連合会や、全国すべての弁護士会、憲法学者など専門家の多くが「憲法違反」であると指摘しています。
安保関連法以外にも、特定秘密保護法、国家緊急権条項の創設論、報道の自由と放送法の問題など表現の自由に関する問題、一票の格差の問題といった憲法問題が取りざたされていますが、現在、「全体の奉仕者」であるべき公務員(憲法15条1項)の公文書改ざん等といった憲法問題が多くの市民の関心を集めています。
これまで広島弁護士会では、市民のみなさまに対し、憲法を考える機会を提供できないかということで、第1回~第20回まで憲法講座「憲法ってなんだろう?」を実施してきましたが、市民のみなさまからの更なる熱いご要望を受けて、この度、第8弾(第21回・第22回)を実施することにしました。
この機会に、是非ご参加ください。

【第21回】 テーマ:「憲法解釈の視点」
講師:佐藤 浩太郎弁護士
日時:2018年5月26日(土) 13:30~15:00
場所:広島弁護士会館
申込:不要
【第22回】 テーマ:「憲法からみる公務員」
講師:加藤 健一郎弁護士
日時:2018年6月23日(土) 13:30~15:00
場所:広島弁護士会館
申込:不要

※お越しの際は公共交通機関をご利用ください。
 第8弾 憲法講座チラシ.pdf